第59回高生研2021オンライン全国大会が終わりました。 参加していただいた方々、ありがとうございました。

多くの民間教育団体がオンラインで研究大会を実施しているのですが、高生研では、基本Zoom(オンライン参加)でありながら、サテライト(同一PCに複数人が寄って)でも参加できることを前提にして大会の形を作ってきました。 結果

どうするの?!高生研オンライン全国大会?(最終回) つながりが_心配なきこと_シンライン ~オンラインを快適にする方法~

いよいよ大会まで、2週間を切りました。  わたしは、この大会の受付も担当していますが、今大会の参加者の傾向が少し見えてきました。今までの大会に比較して、分科会単発で参加申し込みされる方がかなり増えています。 リアル対面で

どうするの?! 高生研オンライン全国大会 基本Zoom! でも、サテライトという選択肢あり(その3)

この「高生研2021オンライン全国大会応援ブログ」の最初の写真↑を見て下さい。 これは、高生研の東海ブロックゼミで三重でサテライト会場として設置した機器の様子です。使っている機材が写っています。 ここでは隠れていますが、

どうするの?! 高生研オンライン全国大会 基本Zoom! でも、サテライトという選択肢あり(その2)

「サテライト」と聞くと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか? 意味は、衛星だそうです。今や「サテライト局」や「サテライト教室」「サテライトオフィス」などが言葉のイメージを作っているように思います。 高生研の全国大会で今

どうするの?! 高生研オンライン全国大会 基本Zoom! でも、サテライトという選択肢あり(その1)

高生研は、2020年につづいて今年も、全国大会を熊本の地で開催することを断念しました。 教育研究団体が主催する全国大会は、コロナ禍の中、以前の形とは違った形式が求められていいます。 必然的にオンラインで実施するところが多

高生研オンライン基調討論会のすすめ  「ためらい」と「したたかさ」をつなぐ渡部翔子の「震えるアンテナ」

いじめやLGBTという難問については、自分が対応するだけでも困難であるが、学年主任という立場に立つと、意見を異にする同僚の同意をとるという難題もつけ加わってくる。同僚の中には「ダメなものはダメ」という強権をかざす年配者も

果たして何を決意すべき時なのか

疲れの原因 最近、やたら疲れてしまう。理由ははっきししている。緊急事態宣言と称され、休校措置が執られ、学校現場は県教委の号令のもと、オンライン授業に取り組むことになった。「オンライン授業」は、インターネットを介して自宅と

宮城からこんにちは

昨日、大会グループでは現地熊本のスタッフとともにZOOM会議を行いました。青森、静岡、滋賀、茨城、熊本と全国の方と顔を合わせ、話し合いをすることができました。まだ、不慣れなネット環境で戸惑いを覚える方もいましたが、今後の

桜祭りもねぶたも中止

青森の吉田です。 青森はしばらくコロナウイルスの感染者がいない県ということでありましたが、あっという間に10名を超えました。八戸、青森、十和田と広がりを見せています。 青森市では4月から小中学校が授業再開となっていました