全国高生研  市民性の教育 18歳を市民に HR指導 生徒会指導 高校教育 中等教育 生活指導 特別活動 

18歳を市民に

206号が発行されました

206号が発行されました

高校生活指導 18歳を市民に 206号目次

『18歳を市民に』高生研第56回全国大会2018in鳥取                    pp. 4-6

特集1 学校をケアと自治の空間に
〔実践報告①〕Yの成長とクラスの成長                          溝口幾子 pp. 8-15
〔実践報告②〕「居場所のあるクラス」を求めて                      城塚俊彦 pp. 16-23
〔実践報告③〕「公的な空間」のあるHRをめざして                    畠中由美子 pp. 24-31
〔実践報告④〕「学校を元気にする」ことに挑み続けて                   植田 等 pp. 32-39
〔実践分析論文〕学校・HRに「公共空間」を立ち上げる~ケアを含み込んだ「自治指導」へ~   絹村俊明 pp. 40-47
〔研究論文〕「ケア」と自治の関係を考える~「誰も置き去りにしない社会」に向けて~    望月一枝 pp. 48-55

特集2 生徒の人権が危ない!
〔実践報告1〕しんどさの原因はなんだったのか?その中で傷つきながら模索したこと     東山三郎 pp. 58-63
〔実践報告2〕チケット制がなくなった日                         坂杉隆通 pp. 64-69
〔実践報告3〕追いつめられ、生きる力を奪われる子どもたち                大貫隆志 pp. 70-75
〔研究論文1〕「懲らしめの教育」との決別を
~踏みにじられてきた生徒の人権を取り戻すために~                    今関和子 pp. 76-83
〔研究論文2〕「自由・平等・友愛」の生徒指導~公開叱責と連帯責任制をめぐって~      山本宏樹 pp. 84-91

高生研第56回全国大会基調発題
若者の生活現実からはじめる主権者教育〜ありたい自分・生きたい社会を語り合うために〜   長野仁志 pp. 92-103
高生研第56回全国大会基調発題に寄せて
ありたい自分・生きたい社会を見つけるための対話から
~学校を「知」の構築の場とするために検討すべきこと〜                 上森さくら pp. 104-107

連載 キーワードで読み解く高校教育最新事情「部活動指導員」「教職コアカリキュラム」
「部活動指導員」を考える                                大津尚志 pp. 108-110
教職コアカリキュラム                                  久田晴生 pp. 111-113
〔連載〕生活指導入門[HR編]④クラスのトラブルを「出会い直し」のチャンスに!      中 順子 pp. 114-115
〔連載〕生活指導入門[生徒会編]④行事に本気で取り組む                 酒田 孝 pp. 116-117
〔連載〕生活指導入門[授業編]④「?」がたくさん出現する授業             井沼淳一郎 pp. 118-119

ミニ実践 どうやっているの?HRづくり~生徒が当事者になるとき~
〔ミニ実践①〕「反発集団」をめぐって                          西野香織 pp. 120-121
〔西野実践に寄せて〕出来事を「困らせる生徒と周囲との相互関係」の発見          内田 理 p. 122
〔ミニ実践②〕まとまりのないクラスがやる気を出した                  川上めぐみ pp. 123-124
〔川上実践に寄せて〕全員の決定を覆すのは全員の再投票                  相良武紀 p. 125

ほっとするとき                               吉田真一・見波由美子 pp. 126-127
映画の中に世界を読む「チャーミングガール」                      池ケ谷八州志 pp. 128-129
BOOK GUIDE 18歳を市民に                                    pp. 130-131
編集後記                                             p. 132

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください