全国高生研  市民性の教育 18歳を市民に HR指導 生徒会指導 高校教育 中等教育 生活指導 特別活動 

18歳を市民に

201号が発行されました

201号が発行されました

高校生活指導 18歳を市民に 201号目次

高生研第54回全国大会2016夏in東京                          p.4

特集1 18歳選挙権と政治教育
〔実践記録①〕18歳選挙権を前に自前の言葉で語り、行動する高校生を育てる  井沼淳一郎  pp.6-13
〔実践記録②〕「会話」から「対話」を求めて〜私のHRづくり〜        中村由利  pp.14-21
〔実践記録③〕「水飲み場増設」、県を動かした生徒会             佐々木忠夫  pp.22-29
〔実践記録④〕市民会館を残そうとした高校生達
~S商業高校音楽部員達の成長とこれから~                  西本真粧美  pp.30-37
〔分析論文〕政治教育を実践からとらえ直す                 森 俊二  pp.38-45
〔研究論文〕18歳選挙権で高校教育はどう変わるか
〜政治教育と党派教育の間〜                        小玉重夫  pp.46-53
〔座談会〕政治教育にどう向き合うか〜「政治教育」学習討論会in焼津〜
江頭直行、岡村昭弘、絹村俊明、小玉重夫、鈴木一行、竹内常一、田中幸恵、塚本徹、中村由利、
牧野一高、三好康昭、森俊二                             pp.54-60
〔報告〕ヨーロッパにおける高校生団体と主権者教育              大津尚志  pp.61-64

特集2 「なめられる」教師が教育の新たな地平をひらく
〔論文①〕「なめられる」教師が教育の新たな地平をひらく           田中幸恵  pp.66-73
〔報告①〕「なめられる」教師として学んだこと                伊藤葉子  pp.74-79
〔報告②〕「なめられる」ことと「家父長的な指導」の間で           柳井まこ  pp.80-85
〔報告③〕「なめられる」教師であることを肯定するまで            小泉宮子  pp.86-91
〔報告④〕「なめられたくない」教師に担任されて               益山徹彦  pp.92-97
〔論文②〕スクール・ハラスメントから共生のルールづくりへ         久田晴生  pp.98-105

高校教育最前線
新科目「公共」の問題点と可能性                     子安 潤  pp.106-113
授業「安保法制」から新科目「公共」を考える               長野仁志  pp.114-119

どうやっているの? HRづくり 〜生徒が当事者になるとき〜
〔ミニ実践①〕Bとの出会いと別れ                    河堀ちなみ pp. 120-121
〔河堀実践に寄せて〕一歩踏み出してつながる・つなぐ          上森さくら pp. 122-123
〔ミニ実践②〕可能性を引き出す声かけ・関わり方を求めて         鳴島 崇 pp. 124-125
〔鳴島実践に寄せて〕可能性を引き出すかかわりとは?           相良武紀 pp. 126-127

映画の中に「世界」を読む「未来を生きる君たちへ」           池ケ谷八州志 pp. 128-129
マイ・バック・ページズ「同僚とつながる」ということ           金本裕加里 pp. 130-131
編集後記                                       p.132

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください