沖縄でお会いしましょう。

高生研全国大会が2年越しに対面(・オンライン)で開催されることになりました。
これまで画面越しで、共に機関誌編集に携わってきた皆さまにお会いできること、他にも高生研に関わる皆さまに沖縄でお会いできること、画面越しに高生研に関わる全国の皆さまとお会いできること。心から楽しみにしています。

思い返せば、自分が高生研の大会に参加するようになってから、10年の月日が経とうとしています。
大学一年生の冬、級友に誘われ、一面雪景色の浅虫温泉で青森大会に参加したのが初めてでした。
全国大会への参加は今回で2回目、前回参加したのは京都大会でした。級友と3人で、青森から高速バスを2本乗り継いで京都まで移動した長旅を懐かしく思います。その年の大会も、全生研との共同開催でした。
基調発題の相良さんとは、大学2年の冬に参加した青森高生研のゲストでお会いして以来、8年半ぶりの再会です。

今回、人生で初めて沖縄の地に降り立ちます。かねてより憧れていた場所でした。
7月初めには趣味(好きなアーティストのライブ)で広島にも行きます。高校の修学旅行以来です。
2022年という年に広島と沖縄に訪れること、何かしらの縁(というべきか、因果というべきか)を感じずにはいられません。

対面とオンラインのハイブリッド開催という、最良の形での実施を企画し、準備に奔走していただいている皆さまには、心から感謝いたします。
私も少しでも力になれるよう、運営に尽力したいと思います。また、当日は全身で学びたいと思います。

それでは皆さま、沖縄でお会いしましょう。

有田みどり(仙台)

Comments are closed.