カテゴリー: 全国各地から

夏の風物詩かな全国大会

東京の遠藤です。 鳥取大会も目前に迫り、全国の皆さんと会いできる日を今か今かと待ち望んでおります。 酷暑が続いておりますので、お身体ご自愛ください。

初めて全国大会に参加したのが2012年の東京大会でした。 当時、私は大学2年生。 今年で7回目の参加になります。 はじめの1、2回は高生研のことをよく理解できないままに参加していました。 気づけば私も家庭科教師として学校現場に立ち、また、大学院博士課程に進学し、学校現場と教育学研究に携わるようになりました。

今となっては夏の全国大会は、私にとって初の風物詩のようになり、とても楽しみなイベントの一つです。 年に1度、全国の仲間と学び言葉を交わす機会は、成長することのできる場であり、一年間の成長を確認できる場でもあります。 私の経験によるものですが、3回目の参加くらいから全国大会の楽しさを実感することができました。 大学生の自分には、全国の先生方による議論に圧倒されて、最初の方は分科会にもついていけず、なかなか悔しい思いもしました…。同じような思いをしたことがある人もいるのではないかと思います。

近年、同世代(20代)の仲間が少しずつ増えてくる一方で、先輩の世代に比べるとまだまだ少なく思います。 というわけで、鳥取大会では、初参加者や若手の方を対象とした交流会を開きます。もちろん、参加回数に関わらず、どなたでも歓迎です。 (美味しい鳥取料理も用意します!) 近日、交流会に関するブログを書きますので、皆さんふるってご参加ください。 鳥取大会直前ですが、8月4−5日に青森高生研主催のサマーキャンプへ参加していきます。 それでは。

青森高生研サマーキャンプに参加しませんか?

昨年に引き続き、青森では夏休みにキャンプをしながら学習することにしました。

10年ほど前は、家族参加型の夏の学習会(サマーキャンプ)を開催していました。

何年かぶりに昨年度開催しました。

参加者は多くありませんでしたが、学習はもちろん、みんなで夕食を作り、

たき火を囲みながらの語らいは学校や生徒のことだけでなく、いろんなことを

ともに話し合える貴重な時間を過ごすことができました。

先生だけでなく生徒もどこか疲れ切っている今の学校。

自然の中で、時間をゆったりと過ごし、仲間と一緒に過ごすことは明日への元気と勇気に

繋がると思っています。

涼しい青森の酸ヶ湯温泉キャンプ場で楽しい学びの時間をともに過ごしませんか。

青森 吉田

8月4日(土)
13:30~15:30 講演 竹原 幸太 氏(東北公益文科大学)
「子ども・学級の相互発見を促す揉め事の解決方法とは?」
15:30~18:00 テント設営・夕食準備・温泉入
18:00~20:00 夕食懇親会 場所 キャンプサイト
8月5日(日)
7:00~8:00 朝食 バイキング
9:00~11:00 レポート発表・分析 場所:管理棟会議室
11:00~12:00 片付け・昼食準備
12:00~13:00 昼食・閉会集会

受験勉強をしない 毎日勉強する 

もしこの世の中から受験競争がなくなったら、勉強しなくなるのだろうか?競争に勝ち抜くために他人よりも良い成績を残すための工夫と積み重ねが受験勉強だとすると競争倍率に応じて勉強の量は変わる。高校受験、大学受験、資格試験、就職試験、昇進試験など常に競争にさらされることで自分自身を高めてきたという人も多いことであろう。私もそれなりに競争に参加しそれなりに結果を残してきた。

「受験勉強が楽しい」と思える人は少ない。苦しさを伴いその苦しさの先にしか得られないものがある。だから今は、礎を築くときであり「何も考えずに言われたとおりに」取り組みなさい。きっとそれらの苦労が報われる時が来るからそれまで努力し続けなさい。結果が出ないのは取り組みが悪かったからで、できるまで工夫と改善を繰り返しなさい。そうすればいつか夢は叶うでしょう。

競争がなくて、相対的に自分を位置づけることがなくなると、どうやって生きていくのかわからなくなる。工夫と積み重ねの必要性を感じなくなる。何をどのように頑張ればいいのかわからなくなる。このように感じるのは、我々教員の側に多く、以外と生徒たちはそのようなことにとらわれていなかったりする。なぜ勉強するのか?その先に何があるのか?この取り組みによって自分に何が得られるのか?そもそも自分はどのようになりたいのか?このような疑問に我々教員は応えてきたのだろうか?生徒にとっての課題は明確なのに、学校の都合によってその課題は、後回しにされているのではないか?

そうは言っても現実社会では、なお競争が残っており、他者と戦い相対的に自分の位置を高めることが必要である。また保護者や卒業生、地域の方々や関係者の声は学校の方針に大きく影響する。だから進んでは戻り、紆余曲折を経ているのだと思う。学校現場にいて日々の活動に疑問を持ってもじっくりと考える時間をとれない。議論する相手と時間が合わない。職員会議が機能していない。皆で話し合って決めることをしなくなってずいぶんと年数が経ってしまった。

それでも取り組みは続ける。諦めてはいない。毎日勉強する生徒をひとりでも多くしたい。学ぶことが楽しくて、学ばなければ自分の生活を豊かにできない。そのために話し合い、自分たちで決める。自分が何を学ばなければならないのかに気づかせることが、毎日勉強する一番の理由とモチベーションとなることを信じている。高生研の活動で出会った人たちから刺激を受け、自分が考えることを口にし、議論することができるようになった。少しずつしか進まないし、大きな流れを変えることは難しい。でも活動していると不安や不満が解消される。結果は出ていないけど活動し続けることで自分の安定を保っているように感じる。

主語も曖昧で主張もゆらゆらはっきりしない。そのような文章を読ませてしまい不愉快かもしれません。申し訳ございません。私自身の成長の課程だと思って許してください。

熊本高生研 吉田 真一

「旅の途中」

この前高生研の大会に参加したのは、いつのことでしたか。クラブで忙しかったり、夏の予定と合わなかったりで、かなりブランクが開いてしまいました。

今年は、半ば強引に九州での研修を予定に組み込んで、その流れで四国・小豆島・隠岐、そして鳥取の全国大会へという流れで、久しぶりに参加出来ることになりました。

ちょっとしたきっかけで、十年ちょっと前に大阪高生研の皆さんと知り合い、高生研やおまかせHR研究会に関わる中で、いろんなことを気づかされてきました。それまで無我夢中で行ってきた授業やHRの実践を分析していただいたり、他の先生方の実践を教えていただいたり。実践を大事にしつつ、一歩引いた視点から客観的に振り返って見ることの大切さを教えていただきました。特に大阪の皆さんは、あの人もこの人も皆キャラが立っていて面白い(笑)。真面目な会議の席でも常にボケようと手ぐすね引いてますから油断が出来ません。ボケ合戦をかいくぐって会議が進んでいくのもすごいんですけども。でまぁ、本を書いたり出前講座をしたりして稼いだお金で肉を食い、温泉に入り、また旅に出ると。  久しぶりに全国大会に参加して、懐かしい皆さんとお会いするのが楽しみです。濃密な3日間にしましょうね!

大阪 牧口

「全国大会出たいのに、あ~ぁ今年も出られない。(残念)」

○多事多忙にまぎれ、目の前の生徒たちのことを同僚と語り合わなくなったのはいつからだろう。ここ12年間、3つの学校で生徒会顧問ばかりやっている。行事をこなすばかりで、1つ終われば次の準備、それも終われば来年度の準備とルーティン化し、ぐるぐる回っている。何かやり切っていない、ほどほど上手くいって満足してしまう。生徒会顧問としては、生徒達がやってみた内容がどうだったかという結果より、企画の提案がどれほど早く、準備が予定通りで合理的に進んだかが気になってしまう。生徒たちに小さなつまづきや失敗をさせて、葛藤の中で協力し合い、やり遂げた自分たちに自信が持ているように成長させたいと思ってはいるのだが。でも、実際には失敗させないように先回りして、顧問の方でお世話し過ぎてしまう。

○教員になって、担任をずっとやり続けたいと思っていた。生徒会顧問も生徒全体を見渡せる立ち位置も面白いが、生徒会役員の生徒とも、授業を担当する生徒とも、人間関係が希薄で、正直言ってつまらなくなってきた。公開文化祭、体育祭、小文化祭(非公開)と大行事が3年で一回りし、毎年新しく入ってくる生徒会役員の生徒を指導しながら、何とかうまくまとめて行事を終える。何か変えたい、生徒からの要望はないのかとけしかけても、生徒は面倒くさいことはやりたくない。高校の組合の役員も兼ねて、ますます多忙になり、実は自分も担任を回避して年間の見通しがきく生徒会顧問に逃げているのか。でも、こんな話は職場で同僚とはできないもの。 ○高生研全国大会で、自分が思いつかないような視点で、バッサリと実践を切り捨ててもらえる場は、他にはない。地域高生研がない自分には、東北ブロックで青森に参加しているが、教師にとって一番大事な実践を云々し合える仲間は大事だ。

福島 齋藤