カテゴリー: 一般分科会PR

文化祭はいま、生徒が育つ大切な場所 一般分科会5「文化祭を通して『対話』のできるクラスに」

昔と違って、今の文化祭は夏休みの前に実施しているところがあります。
就職試験や受験勉強に影響を最小限にとどめるため、学校運営の側からきている日程だと思われます。おそらくそんな学校の担任は、文化祭の指導や定期テストの成績処理、保護者会準備など、今の時期猛烈な多忙さを抱えているのではないでしょうか。
大会2日目午後の部、一般分科会5「文化祭を通して『対話』のできるクラスに」は、そんな夏休み前の7月最初に文化祭が行われている学校の実践です。
3年生の4月当初から文化祭に向けた取り組みが始まるのです。
生徒たちの熱量がほとばしるような報告になること請け合いです。
是非おこし下さい。

みなさんの学校やクラスではどんな文化祭が行われているのでしょうか。
HR企画を担任として采配したり、黒子に回ったり。担任の立ち振る舞い方で生徒は大きく成長するように思います。「文化」という大きなくくりで非日常を学校の場に作りだす作業は、互いの関係性の中で授業とは違った学びがつくれるのではないでしょうか。
あるいはこんなこともあると思います。
「もっと担任としてHRの生徒と関わりたいのに、部活や課外に追われて生徒も教師も時間がな〜い!」と。
ない時間をどう作るのか?
それこそがHR担任の文化祭づくりのキモではないでしょうか。

私は、生徒同士が顔を合わす時間が極めて少ない総合学科の高校で2年次のHR担任をやっています。生徒が秋の文化祭に向けて「ジェットコースター」の企画を持ち出してきました。
見通しはまだまだできていないのに、夏休み前に皆で顔をそろえるのはあと2日しかありません。
生徒会から支援される予算も少ない! さて、HR、どうする私!

安藤誠也

一般分科会6「B太と歩んだ3年間」について …レポーター 坂杉隆通

「担任はいい!」私はいつもそう思っています。現在の勤務校が11年目と長くなった私は、今年4月から進路課長をしています。

この学校に残る限り、担任は持てないと思うと、春先は悲しくなりました。

昨年までは保健課長や学年主任と兼務でしたが、3年間HR担任をしました。

生徒たちに大切なことを教わり、実に楽しく充実した3年間でした。最大のトピックは、B太と出会い、共に過ごしたことです。

そんな私にとって、今大会で実践記録を書いて報告し、みなさんに分析してもらうのは総括するのに絶好の機会となりました。

活発な議論ができることを期待していますので、どうぞよろしくお願いします。

以下はリーフレットから抜粋

こだわりが強く、コミュニケーションをとるのが苦手なB太。生きづらさを抱えたB太を担任し、彼を理解することに努めながらHRで周りの生徒とのつながりをつくろうと意識した。数々の失敗や衝突を重ね、多くのことを学びながら、B太と歩んだ3年間を報告する。

第9 一般分科会 「生徒会」 市民性を育む生徒会選挙のとりくみ

一般分科会は授業、ホームルーム、学年、総合学習、生徒会の5つ、9分科会があります。

教師の仕事は授業を教えるだけでなく、ホームルーム担任、分掌の仕事、部活動と 多岐に渡っています。

生徒会は私も20代のときと40代の時。2度体験しました。
私がこれまで経験した高校の多くでは、生徒会担当の仕事を若い先生や、臨時講師の先生に押しつけているような気がしていました。

しかし、生徒会はこれから大人として成長していく生徒にとって、民主主義の原点を学ぶことができる場所ではないかと考えています。

おかしいことはおかしいと言えず。はっきりと自分の意見を述べることを押さえつけ、毎年、決まった行事をこなすだけの行事屋になってしまっているのではないかと思います。

青森の酒田さんは、前任校では、保護者、教職員、生徒が話し合う三者協議会を開いたり、部活動の予算を生徒会会計担当の生徒がすべて行うということをしてきました。

今回の内容は、「選挙」ということですが、現実の選挙が目の前にあり、高校3年生生が選挙権を持っているという現在、深く学びあいたい内容ではないかと思います。 

青森 吉田

内容はリーフレットから抜粋しました。

選挙管理委員会の顧問として生徒会の選挙に関わってきた実践報告。生徒会選挙は生徒が民主主義を体験し、当事者性を獲得する絶好の機会なのに、それが十分に生かされていない。「本物そっくりの選挙」をキーワードに、民主主義を知識ではなく体験を通して学んでいきたい。

一般分科会『授業』…スマホからも投稿できます。

今年の一般分科会は9つ。
授業の分科会は2つあります。

先日、青森県の教員採用試験を受ける講師の方々が集団討論を学ぶところで、
『不登校をこれ以上、増やさないためにあなたはどんな取り組みをしますか?』の問いで話し合ったところ、

授業の充実を話した先生がいました。

とても、印象深く、いいなあ。と自然に思いました。

何のために、学ぶのか。

教師になって私たちは生徒たちにどんなことを伝えたいのか。

名古屋大会の分科会とは視点が違うかも知れませんが、交流会などでそんなことも話し合いたいと思っています。

今日は完全休養日。自ら働き方改革をするために、家でもパソコンを開いて仕事はしません。この記事は、スマホから投稿しています。毎日ブログ更新を目指していますが、そろそろ苦しくなってきました。分科会担当の方、現地の方、名古屋大会参加の皆さん。ブログ更新の記事をお願いします。

青森 吉田

初めての学年主任

みなさん、こんにちは
青森の吉田です。

名古屋大会の第2分科会は「初学年主任の試み」―弱音の吐ける学年―   です。
私も、5年前、初めての学年主任になりました。担任は何度も経験しましたが、
学年主任は初めて。

3年間、毎月、学年通信を出しました。
生徒の声、担任の声を、管理職や、進路部・生徒部の先生に届けること。
ここでは、とても書けないことも経験しました。

名古屋で、ともに学び合えることができればと思います。

H29 3nen_tuushin01のサムネイル