月別: 2019年7月

一般分科会7  授業 「主体的・対話的で深い学び」とは何なのか?

 滋賀県の西村太志さんと藤本幹人さんが共同開発した教材を使った授業実践報告です。テーマは『「主体的・対話的で深い学び」とは何なのか?』。これまでの一斉授業と一般に行われてきた「参加型」授業を越える試みです。

 目指したのは、自分の意見を出発点に他者の意見を聞き,場合によっては取り入れて,自分の意見を深められるような授業。そのために、現実社会の論争問題を扱い討論によって考えを深め,解決の方向性を見いだす「論争問題熟議授業」を開発。「国立マンション訴訟」の判例を用い、「幸福追求権」と「経済活動の自由(財産権)」という「人権同士の衝突」がおこったとき,どのように解決していけばよいかを生徒たちは議論を通じて深めています。

 限られた時間の中で、どうすれば生徒たちの考えを明確化し、争点化し、有機的に議論ができるのか。班討論・紙上討論(「賛否コメント」と「班回し読みコメント」)・対面討論(ディベート的討論)・小論文(景観論争最終意見)などのいろいろな方法が用いられています。当日は模擬授業形式で進行し、みなさんも生徒の立場に立って、「論争問題熟議授業」を体験しながら実践分析を共同で行おうと思っています。

 子どもたちが「主体的に考える」ためには、どのようなテーマを設定すればよいのか。「対話をしながら考えが深まる」ためには、どのような形態で授業を展開すればよいのか。実践分析をしながら、参加者で共有化できたらと思っています。

世話人 浦崎勇一(熊本)

なぜかナゴヤに台湾(その3)

私が閃いたのはカレーです。
「台湾ミンチニラネギ入りカレーは多分うまいぞ!」と。
そうこうしているうちにこんな情報を入手しました。
「台湾カレー」なるものが存在する!
調べたらすぐ出てきました。

元祖 台湾カレー
しかも、そのプロデュースに「麺屋はなび」の人が関わっている。
実際に行って食べてみました。
想像していたとおりの旨さ。
カレーに合わないわけがありませんでした。

スパイスカレーは昨今日本中でブームになっているようでその一角に割り込むよ
うなものではないと思います。
しかし、お腹いっぱいカレーやトッピング合わせ技のカレーを好む方には
きっと満足してもらえるものでしょう。

私が「なぜ、名古屋に「台湾」か」という説明を改めてする必要もないくらい
その発端は「味仙」から始まったということです。
どうやら正当に名古屋風にアレンジされた食べ物が
なごやめしの地位を築いていることは間違いなさそうです。

アンドウ

名古屋といえばスガキヤ

名古屋名物といえば味噌カツや手羽先いろいろあります。
ですが,老若男女地元民が昔から食べてきたのはスガキヤのラーメンではないでしょうか。

「スガキヤはラーメンではない。スガキヤはスガキヤという食べ物である」

名古屋ではこのように言われているスガキヤ。皆さんご存知でしょうか。

東海を中心に店舗を構えるラーメンチェーン店です。繁華街はもちろん,ショッピングモールやホームセンターなどに併設されていることも多く,主観ですが名古屋ではマクドナルドよりも店舗数が多いです。

和風だしの効いたとんこつスープに細麺がからんだスガキヤラーメン。
名古屋人のソウルフードとも言われています。味はもちろんですが、お財布に優しいお値段も人気の秘密なんです。
安いものでラーメン320円,玉子入りラーメン360円ととてもリーズナブル。

私も学生時代に名鉄神宮前駅前のスガキヤによく通いました。
名古屋の学生にとってスガキヤのラーメンは3時のおやつ的な感覚です。
スガキヤに行ったら注文はもちろんラーメンとソフトクリーム。
不思議な組み合わせと思われるかもしれませんが,客の9割9分がこの頼み方です。

そして注文すると5秒で出されるソフトクリーム。そうです,もちろんソフトクリーム先出です。
周りの高校生大学生達もソフトクリーム片手にラーメンを待つわけです。
ソフトクリームを食べ終わった頃にやっと呼び出しのリモコンが鳴り,熱々のラーメンにありつけると。

ラーメンを食べるのにもスガキヤ流があります。「ラーメンフォーク」を使います。不思議な「ラーメンフォーク」もスガキヤの隠れた魅力の一つです。
このフォーク,芸術的な形が評価されニューヨーク近代美術館(MoMA)のミュージアムショップでも商品に採用されたほど!
どんなスプーンかはぜひ行って確かめてみてください。

そんな犬も歩けば棒に当たる状態のスガキヤのお店ですが,もし見つけられなかった方に朗報です。
名古屋のコンビニでは,スガキヤのカップラーメンを扱っていないところはありません。そして,恐ろしいことにスガキヤカップ麺の再現率半端ないです。カップ麺化してることで,地元民からは店舗の売り上げ下がって潰れるんじゃないかと囁かれるほどです。(笑)

交流会後のシメに,家族へのお土産に,ぜひスガキヤを試してみてください。

マツスエ

名古屋城に来れば忍者に会える 名古屋おもてなし

みなさん こんにちは
青森高生研の吉田です。

私が勤務する高校は新幹線「新青森駅」のすぐ近くにあります。
東北新幹線が青森までやってきたとき、青森県のいくつかの高校がおもてなし隊というものを作り、観光客の皆さんに青森の良さをアピールしました。
青森西高校おもてなし隊・青森大学と高大連携
現在、我が校ではボランティア活動に力を入れ、青森港に入ってくる豪華客船の外国の方などにも対応しています。

青森大学と高大連携をしていますが、青森大学には忍者部というものがあります。監督は、私の高校時代のクラスメートです。

彼から、名古屋の忍者の情報を聞きましたので、ご紹介します。

その名も、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」
名古屋城にくれば忍者に会えるそうです。

数日前に、忍者のことで出張で名古屋に行ったそうです。

青森と名古屋
私にとっては長男が名古屋で学んでいることもあり、興味深く調べています。
現地の皆さん、大会まであとわずか

ここに是非行って欲しいというおすすめがありましたら、よろしくお願いします。

なぜかナゴヤに台湾(その2)

「名古屋めし」が世間で注目されはじめたのは
ここ数年のこと。
その流れを牽引したのは紛れもなく
「台湾」名を冠した食べ物です。
次に紹介するのは「台湾まぜそば」です。
発祥はここ

「麺屋はなび」

台湾ミンチというピリ辛ミンチと刻みニラをガツンと入れ
もみ海苔と卵黄をかき混ぜて食べるのですが、
ジャンクフード感漂う名古屋めしの逸品です。
ラーメンブームとあいまって、一躍全国区や海外にまでも
店舗展開しているようです。
私が初めてこれを食べたとき
「お〜、台湾まぜそばとはこういうものか・・」と台湾ミンチと生ニラ、麺を味
わいました。
「ニンニクに効いたミンチは他にも合うものがある・・」と閃いたのでした。
(つづく)
受付 アンドウ