なぜかナゴヤに台湾(その3)

私が閃いたのはカレーです。
「台湾ミンチニラネギ入りカレーは多分うまいぞ!」と。
そうこうしているうちにこんな情報を入手しました。
「台湾カレー」なるものが存在する!
調べたらすぐ出てきました。

元祖 台湾カレー
しかも、そのプロデュースに「麺屋はなび」の人が関わっている。
実際に行って食べてみました。
想像していたとおりの旨さ。
カレーに合わないわけがありませんでした。

スパイスカレーは昨今日本中でブームになっているようでその一角に割り込むよ
うなものではないと思います。
しかし、お腹いっぱいカレーやトッピング合わせ技のカレーを好む方には
きっと満足してもらえるものでしょう。

私が「なぜ、名古屋に「台湾」か」という説明を改めてする必要もないくらい
その発端は「味仙」から始まったということです。
どうやら正当に名古屋風にアレンジされた食べ物が
なごやめしの地位を築いていることは間違いなさそうです。

アンドウ

Comments are closed.