月別: 2019年7月

名古屋の人気観光スポット調べてみました。

7月も今日で終わり、明日から8月です。

ここ数日、日本列島、北から南まで熱波に巻き込まれています。

寒い北国から熱い名古屋までだと体調不良を起こしそうですが、
北国も連日30度越えです。

今日は我が校では中学生の体験入学
800名近くの中学生、そして保護者や引率の先生が来校しています

昔と違って、夏休みは外で過ごせないほど、気温が上昇しています。
8月3日から始まる、高生研名古屋大会

暑さを吹き飛ばすことができるくらいの学びをしていきたいものです。

名古屋の名所スポットやグルメも調べてみました。

この中で、特におすすめがあれば、現地の皆さん、教えて下さい。

青森 吉田
名古屋観光するなら!地元民が教える定番・人気スポット30選

【2019年】ここだけは押さえたい!名古屋王道観光スポットと観光のポイント

名古屋大会の申込(応援ブログ申込入力では)は明日7月31日まで

皆さん こんにちは
名古屋大会は今週末、8月3日(土)からです。

応援ブログの申込フォームを利用しての申込は8月1日からできなくなるようです。

タイムリミットは明日7月31日までです。

日本全国、熱波に巻き込まれているようですが、
名古屋で熱い話し合いをしていきましょう。

名古屋でお会いできることを楽しみにしています

ブログ担当
青森 吉田


水分補給はお忘れなく。

一般分科会9  生徒会 市民性を育む生徒会選挙のとりくみ

国大会の初日、8月4日の午後の分科会で「生徒会 市民性を育む生徒会選挙のとりくみ」のレポートを発表します。このレポートは現在の勤務校で生徒に、少しでも自治的な体験をさせようと思い、選挙管理委員会の顧問として取り組んだ実践です。

もしかしたらどこの学校でもそうかもしれませんが、本校では生徒会選挙はかなりいい加減におこなわれていました。規約を無視したり、得票数を公表しなかったり、投票用紙を後ろから集めたり・・・・。しかし、言うまでもなく学校は教育の場です。絶好の政治教育の場であるにもかかわらず、選挙がなおざりに行われていることは本当に勿体無いことです。

政治は民主主義の「作法」に則って行われます。その「作法」は文字に書いて、教科書で学ぶような性質のものではなく、実際の体験を通してしか学ぶことができません。生徒会選挙においては、投票することによって、あるいは自分が意見表明することによって切実な生活要求が解決する、そういう体験をすることがすべての青年に必要です。

先日の参議院選挙は、全体の投票率は48%でした。1995年の参院選以来の低さです。とりわけ18・19歳の投票率は31%にとどまりました。そのような中、NHKを批判するだけの政党が2%を得票し議席を獲得しました。もはや民主政治の土台が崩れつつあると言わざるを得ない状況になっています。

「政治」とはテレビモニターの向こうで行われているものではありません。生活の中で必然的に発生するさまざまな要求や紛争を解決するのもまた「政治」です。そういう意味で、「政治」は私たちの身近な生活の中にあります。まさに「The personal is political.(個人的なことは政治的なこと)」なのです。

酒田孝(青森)

青森高生研サマーセミナー二日目

青森も平地は30度越えの猛暑

酸ヶ湯温泉のある山は快適な気温です。

朝早くから朝食づくり
サラダやスクランブルエッグ、チーズやベーコンでオープンサンド
アヒージョも創りました。

サマーセミナー二日目は中学校の生徒会の話

参加者は20名

望月先生、小柴先生は車で

仙台の中学校の先生は新幹線で

昨日の夜から今日のお昼まで美味しい食事付き

来週は名古屋で学びあいたいです。

青森高生研第99回大会

皆さん こんにちは、

青森高生研は酸ヶ湯温泉の近くのキャンプ場で第99回大会をしています。

講演 「知識基盤社会」と教育実践・教師  弘前大学 福島裕敏氏

「知識基盤社会の到来」への対応を錦の御旗にして現在進められてきている教育改革の社会認識と教育の方向性を考察するとともに、日本の教師たちが創り育んできた「教育実践」の今日的意味を考えるとともに、その担い手である教師がおかれている現状と課題について話し合いました。

話し合いのあとは、みんなで夕食作り、そして炉辺談話