静岡市内のお気軽日帰りハイキングコースをご紹介します!

高生研静岡大会に参加を検討されているみなさんへ、耳寄りな情報です。
学習の後、頭も心もリフレッシュさせてみたらいかがでしょうか。
静岡市には、運動にもなり、古跡にも触れる日帰りハイキングコースがいくつもあります。
ぜひお試しください。

1 賤機山縦走コース
山頂の茶畑・みかん畑を縦走する道なので、やや分かりにくいかもしれない。徳川家康が今川家の人質だった少年時代に修行した臨済寺の上を通り、静岡人には「浅間さん」と呼ばれる浅間神社に出るが、神社の反対側に出て美肌(びじん)湯という温泉につかるのが最高だ。

2 梶原山・帆掛山コース
鎌倉幕府を開いた源頼朝の右腕と呼ばれた梶原景時一族が自決した山。死を前にして鬢を洗った泉跡もある。
3 日本平コース
草薙から登る道と舞台芸術公園から登る道の二つがある。景色のよい日本平に登ったら、ついでにローブウェイに乗って久能山東照宮を参拝し、長い階段を降りて「いちご海岸」に出、バスで静岡駅へもどることもできる。
4 朝鮮岩・満観峰コース
満観峰は地元の有名なハイキングコースで、いつも家族連れなどでにぎわう。満観峰と呼ばれるだけあって山頂は景色がよい。ちょっと離れたところにヤマトタケルも通ったという日本坂がある。
5 だいらぼうコース
「だいだらぼっち」の左足跡だという広大な(150メートル)、景色のよい広場が山頂直下にある。
6 谷津山コース
ここはハイキングというほどもないコースだが、近くの沓谷霊園には関東大震災のときに甘粕正彦憲兵大尉たちに虐殺されたアナキストの大杉栄と伊藤野枝と甥の橘宗一(当時満6歳)の墓がある。
7 蔦の細道・宇津ノ谷峠コース
「伊勢物語」にも出てくる山中の古道をゆく。神霊スポットのような明治時代のトンネルがある。

静岡高生研 谷峰夫

Comments are closed.