シティズンシップ教育における教師のポジショナリティと実践構図

沖縄高生研の伊藤です。

秋田大学 望月一枝先生の問題別分科会の紹介です。

 シティズンシップ教育における教師のポジショナリティと

 実践構図の問題別分科会は、

 18歳を市民にする実践構図が議論されます。

 なんだか難しそうだと敬遠せずに、ご参加ください。

 いま、私たちが実践していることの意味と意義だけでなく、

 どういう視点でやると良いか議論できます。

基調研究会での発表のために、現在、83年の竹内先生の基調を読んでいます。

震災を経て、日本の空気が変わり始めたことを肌をもって感じますが、

その変化の方向が鮮明に提示されていることに驚くとともに

胸が高鳴る思いです。

高生研が提唱してきたことの先見の明と、確かな洞察に

改めて驚嘆を感じます。

シティズンシップ教育も、十年後には自明のことになっているのかも知れません。

この分科会は未来へ飛ぶタイムマシーンなのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください