生徒から学ぶこと

009s 125s 007s369s

2年前に卒業した生徒は現在大学2年生。

野外遠足では行き帰りのバスの中、大声で叫び続け。

球技大会は全校21クラスで優勝に尽力したものの足を骨折。

文化祭では前日祭の司会で活躍したK君。

3年生の夏休みも仲間と一緒に近くの海で遊び

気づいたら学年で下位の成績。

 

しかし、彼は現在○○大学の2年生として頑張っています。

 

先日、本校PTA主催の大学を見学する研修旅行がありました。

 

その企画の中で、大学生による保護者への学校紹介という場面で

K君と同じ学年であったSさんの二人が話をしてくれました。

(私が二人に依頼しました)

 

この研修旅行には偶然でしたが、彼らの保護者の方も参加していました。

それぞれの妹が現在本校に在籍。

 

我が校では兄弟で同じ学校に入学してくる生徒たちがかなり多いと感じていました。

 

K君の10分以上にわたる話を聞いて、涙が出てきそうになりました。

K君も涙声で話していました。

「僕は高校1年生のときに、280人中、後ろから数えて10番以内。

好きなサッカーやバンドをやってきました。勉強はほとんどしませんでした。

3年生の7月の文化祭が終わっても勉強しませんでした。夏も遊びました。

でも、自分でそれではいけないと考え、懸命に勉強を頑張りました。

結果がようやく出てきたのは3年生の11月の模試でした。

ここにいるお父さんやお母さんにお願いがあります。

それは、子どもさんたちに、他の生徒はもっと勉強しているよ。とか

他人と比較して話さないで欲しい。そして、美味しいご飯を作って

見守って欲しい・・・・・・」

K君とは3年生のわずか1年の出会いでしたが、こんなにも逞しく成長している姿を見て

とても嬉しく思いました。

 

生徒は日々成長し、明日を見つめている場面に出会うと勇気と元気が湧いてきます。

 

今年のつくば大会の一般分科会、午前と午後の通しの

「学年主任の苦労とやりがい 3年間を振り返って」塚本 徹さん(静岡)

 

担任を離れて2年目。願いが叶うのならば学年主任をしてみたいと思っています。

皆さん、つくば大会でお会いしましょう。

 

IMG_20140709_204821s DSC_0305s

青森高生研 よしだ まさひろ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください