春のよそおい、全国通信誌面

IMG_0171

通信171号、ご苦労さまでした。

応答が遅くなりすみません。

171号が手元に着いた時、まず表紙のデザインの明るさに感動しました。

桜と女子高生の写真、そして3月に相応しくトップに「担任のアイデア吟選」は

(元編集長、井沼さんの企画ですか?)

会員でない職場の若手に「読んでみて」とコピーしてすすめました。

そして「生徒と出会えたとき」の特集は今、なかなか生徒と「出会えない」教師の仕事に

対して、高生研が発信する意義がある角度のある特集だと思います。

ところで今日私の職場で若手5人とベテラン4人が集まって、「語り場」をやりました。

テーマは「ここはどうする新担任」です。

5人のうち3人が新担任予定。学級通信に何を書く? 席がえの生徒の要求があった時、頭髪指導のトラブルのときなどなど

若手とベテランの違いもみえた、意義ある交流がありました。

この171号を読んで、全国のネットワークを駆使ししている点、対論で基調の再論が出来たこと

など硬軟あって意義ある点は多彩にありますが、世代の更新と世代の違いが浮き彫りにみえて

、実に読んでいて楽しかったです。

本当にご苦労さまでした。

次号も楽しみにしています。

 森 俊二